Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Creamの読書日記です。
一応それぞれ、あらすじらしきモノも書いてあります。
つらつらと感想を書いていくのでネタバレ注意!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
アヒルと鴨のコインロッカー (ミステリ・フロンティア)
2年前の物語。その終結に巻き込まれた椎名。
きっかけはボブ・ディランの「風に吹かれて」だった。

ペットショップ店員の琴美が主人公の2年前。
アパートに越してきた大学1年の椎名が主人公の現在。
同時進行の物語は妙な気持ちになりつつも、最後はストンと胸に落ちてきます。

2年前。
ブータン人のドルジと同棲している琴美は元カレで女たらしの河崎に会う。何故だか河崎がドルジに日本語を教えることに。
その頃、3人の住む街で起きていた動物虐殺事件。
偶然、琴美とドルジはその犯人に遭遇し、ターゲットにされてしまう。

現在。
親元を離れ、アパートで一人暮らしを始めた椎名はご近所へのあいさつに向かう。
隣人の河崎は妙に馴れ馴れしく、書店強盗を持ちかけてきた。
流されて、共犯になった椎名は「風に吹かれて」を口ずさみながら、裏口を見張る。

そして、少しずつ解かれていく真実。


何と言うわけでもなく、心が柔らかくなる1冊だと思います。
ちゃんと緊張する山場がありつつも、ほわんとした印象でした。
映画もあるらしいので観てみたいですね。
| 読書日記 | comments(1) |
スポンサーサイト
| - | - |
ショートコメント
| キー | 2008/08/04 10:46 AM |









<< NEW | TOP | OLD>>
Material by Night on the Planet
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.